育成環境とこだわり

大輪系の胡蝶蘭では、花の大きさが重要です

美花で扱う胡蝶蘭、特に大輪は、咲いている途中の花でも花径が13~14cmあります。
大きい花は重厚感と高級感があり、贈答用としては最適とされています。
大輪系の胡蝶蘭では花の大きさが重要 大輪系の胡蝶蘭では花の大きさが重要

新品種の開発から出荷まで8年

胡蝶蘭の品種改良にはとても多くの歳月が必要です。
交配から新品種を見つけ、花を咲かせるまでに4年、
そこから出荷用の花を育成し、出荷するまでにさらに4年、合計8年かかります。
それだけの歳月をかけるからこそ、高品質の胡蝶蘭を作ることができるのです。
新品種の開発から出荷まで8年

材料、手間を惜しまず育成

胡蝶蘭の育成には、時間だけでなく、多くの手間や材料費がかかります。

・葉をかき分けて、一鉢ずつ丁寧に水をあげます。
一鉢ずつ丁寧に水あげ

・一鉢一鉢、手作業で綺麗に胡蝶蘭の花の並びを矯正します。
手作業で綺麗に花の並びを矯正

・植え込み材料は最高級ニュージーランド産の水苔を使用。
植え込み材料は最高級水苔

・鉢は素焼鉢を使用。根に良い環境を作ります。
鉢は素焼鉢

受賞歴

・全国花き品評会 … 農林水産大臣賞受賞
・関東東海 花の展覧会 … 農林水産大臣賞受賞
・世界らん展 … ブルーリボン賞
品質

 

高品質の胡蝶蘭をできるかぎりの低価格にてご提供しております。
大事なお客様、大事な贈り物に、是非、当店をご利用ください。

 

お問い合せ